マニュアル化

10年前に競合サービスのプロデューサーに、メソドロジーを構築していかないと、いいサービスを作り、ライバル以上にプロダクトを広めていくことはできないと、言われたことがありました。

 

そのころは、いろんな意味で馬力に任せて仕事をしていたので、メソドロジーという考え方に衝撃をうけました。

 

良いプロダクトを作り、パワーのあるマーケティングをしていくということを、真剣に積み重ねていくということは、知見がたまった、ノウハウが身についた、熟練した、慣れたというレベルではダメで、『優れたプロダクトの作り方とは?』『マーケティングで結果を出すには?』で、一冊本が書けるくらいになってないといけないということです。

 

それから徐々に、プロダクト作りでも、事務でも、できる限りマニュアル化しようと、してきました。

 

難しい仕事だから、複雑な仕事だから、マニュアル化できないというわけでもなく、そういう仕事こそ、明文化して、振り返ってアップデートし続けることが、大事だと思っています。

 

特に、経営、プロダクト作り、マーケティングこそ、その視点を忘れずに頑張ります。