アドバイスから改善することの難しさ

仕事の話ではないのですが、

 

『丁寧に操作する』というアドバイスを、いままでは、早めに0%から100%までゆっくりと開度を上げていくことと受け取っていました。

 

ところがデータをとって検証してみるとまったく逆。

 

開度を早く上げたいのを我慢する。そのタイミングになるのを我慢して待つ。タイミングが整ったら一気に0%から100%まで開度を上げることでした。

 

ノウハウを具体的に明文化すること。その上でデータを付き合わせて検証すること。この積み重ねが大事ですね。

 

天才はそれを直感でやれてしまいますが、凡人は直感に頼らずに、たんたんと明文化、データ収集、検証を、やり続けることを、忘れてはいけないようです。

 

データを検証して、違いを見つけて、改善した結果が出ると、本当に楽しいものです!