調子がいい時こそ経営からの介入が必要

創業からを振り返っての反省点の一つは、金鉱を掘り当てた時は、現場任せにしてはいけない。

調子がいいうちに、資金集め、ノウハウ・仕組み化、システム化、代替競合や潜在競合への対応、プロモーションでユーザを取り尽くすなど、経営資源をフルに使いきって、スケールアウト、アセット化して、勝ち切らないといけない。

うちのような事業体の場合、金鉱を一番に掘り当てると、何もしなくても結果がついてくるので、現場は特に気が緩んでしまう。好調な間を無策で過ごしてしまう。その間に、直接的な間接的な競合が出てきて、圧倒的な差がついてしまう。もしくは、レッドオーシャンになり、同じ努力をしても全然結果が出なくなる。

金鉱を掘り当てたとは、伸びる市場に対して、悪くないサービスやプロダクトを投入できたということ。この無敵チートタイムなうちに投資を進めて、安定高度まで上昇しないといけなかったと反省してます。

昔、監査役にもアドバイスもらいましたが、市場の伸びを意識しないといけない。どんなに事業が伸びてても市場の成長率未満では、相対的には負けているということ。経営努力で市場の成長率以上に成長させないと未来はないということを、次のチャンスにむけて、肝に命じます。