信じてることをつらぬく、いいカッコしない!

ミッション、ビジョン、バリューについて特に大事なことは、自分が信じていることをブラさず貫くことだと、思っています。

尊敬する先輩経営者のタムさんに教えてもらったことですが、周りの話に左右されてブラしてはいけない。いい顔しようとして、協議性や多数決にしてはいけない。自分が信じるゴール、自分が信じるやり方、自分が信じるあるべき姿、自分を信じてブラさないということです。

もちろん、部下の話を聞かないという意味ではありません。現場で起きていることは、部下からとことん聞き出すしかありません。ミッション・ビジョン・バリューの実現方法は、みんなに考えてもらい動いてもらう必要があります。

経営歴18年の途中の10年弱、自分が信じることを、まっすぐ追求すべきでした。社長自身が、信じていないことは、成功しないです。世の中にはラッキーもありますが、基本は社長が信じていないことは成功しないし、少しでもうまくいかなかったりすると、流行に飛びつくなど他に逃げてしまったりして、会社自体がブレてしまい、さらに酷いことになりました。

会社に絶対の正解は、たった一つしかありません。「お客さまに喜んでもらい、その対価で儲けさしてもらい、関係者みんなが幸せになる」ことだけが、どの会社でも共通の絶対的な正解です。

ミッション・ビジョン・バリュー、戦略・戦術、技術・営業手法に、どの市場でもどの会社にも共通な正解はないと思っています。

事業で社長が信じることをやることはもちろんです。最近は、それ以外でも、会社のイベントですら、社長が好きなことをやるべきだと思っています。とはいえ、法律や倫理は、必ず守る必要があります。法律や倫理でやってはいけないことは、やってはいけない。法律や倫理にもとることは、絶対不正解です。好きなことをやると言っても、セクハラしていいわけではありません(笑)

実は、個人的に社員旅行のような団体行動はあまり好きではありません。ところが、昔カッコつけて新入社員に任せて企画させ続けた結果、ある年の社員旅行は、行きたくなくてしょうがなくて、社長が当日無断欠勤?!するという事態になりました。

何千人規模の会社はどうのかはわかりません。少なくとも100人未満なら、自分が信じてることをブラさず貫く。社員にカッコつけて自分が嫌なことは無理してやらない。正解がないことなら、社長の好きなことをやるのが正解だと思っています。

目先の気持ちよさに逃げていい顔しないこと。孤独感を強く感じますが、貫いて結果を出して、みんなを幸せにすることが、真の正解だと思っています。

会社立ち上げて、数年は孤独感感じたことがなくて、いいメンバーのおかげだなんて、みんなに自慢していました。今考えると、覚悟が足りなかったのだと、思っています。