KGI KPI再考

KGI/KPIという考え方が、事業遂行のために重要です

KPIには二つの側面があると思っています。

誰が何をアクションしてどういう結果を出すべきかという実務上の目標としての指標という側面。

また、事業を分解すると、どのような要素から成り立つのか。分解された数値を足し掛けして、どう最終的な結果(KGI)につながるのかを明確にして、戦略を考えるためのフレームワークとしての側面があります。

最近、各事業のKPIについて見直す必要があると思っているところいい記事を見つけました。

論理的なアプローチでビジネスを成功に導く――KPI設計の実践

実務上のKPIに大事なこと

ここで書かれている二つのポイントのうち「具体的アクションを起こせる、もしくは短期間に測定できること」というのは、実務で使うKPIとしての条件だと思っています。

さらに踏み込むと「短期間の測定」は、「短期間で仮説が検証できる指標」と言えると思っています。

戦略を考える場合には

「多面的にみるためにいくつかのロジックツリーを考えてみる」というのは、目が鱗でした。戦略を考える段階から、一つの考え方に縛られていたような気がします。KPIロジックツリーにはただ一つの正解はない。逆に、事業をどう考えるか?どう攻めるのか?いろいろなオプションがあり得るので、多面的に検討してみるのは大事そうです。

Whatで分解、定量的に分解する

次に、ロジックツリーにはHow, Why, Whatの3種類の立て方があるようですが、KPI分解の際は、Whatで行うことが大事なようです。

ツリーの子KPI値を掛け算や足し算したら、親のKPI値になることはマストなので、Whatでやる必要があります。

KPIを分解する前にKGIを分解する

KGIを分解する際に、最重要指標と、最重要制約指標に分けるというのは初耳でした。

ベストなKPI

この二つをふまえると、KPIを設計する場合には、最重要指標を最大化しつつ、最重要制約条件を抑えるKPIが、ベストなKPIになります。

KPIの選択は戦略的な判断なので、個々の事例での取り巻く条件によって答えはかわります。

正解を見つけるものではなくて、意思決定者の意思決定により行うもの。ただ、決める前に把握しておくとよいのは以下の三つとのこと。

  • 最重要指標と最重要制約条件に同じものはないか
  • 最重要指標と最重要制約条件で逆数になっているなど、密接な関係はないか
  • 最重要指標・最重要制約条件ともに、各指標のスケール範囲はどこまでか

新しいツールや考え方を仕入れるとワクワクします。