やまだもとやすのブログ

チャリ走社長@スパイシーソフト→山田元康→HTML5スタートアップ社長@Liberapp

ソーシャルグラフを超えたコンテンツのシェアが強みです

前回コンテンツ戦略 からの続き

二ヶ月前にプロジェクトのやり方を見直しました。とくにここ最近は何があっても毎週リリースするという方針でやってます。

FPSをあげる!

毎週リリースで年50打席、早く失敗して軌道修正を繰り返す。これから立ち上が市場で大きなゴールを目指しますので、戦略や仮説のエラーを早い段階で修正する必要があります。開発の初期段階からKPIの数値をみながら仮説検証をくりかえします。 https://corp.liberapp.net/?page_id=1569

そのおかげで、プラットホームも、HTML5コンテンツも、刺さりそうなポイントが見えてきました。

なので試行錯誤を繰り返すところから一歩先に進み、本格的にコンテンツ調達に力を入れていくフェーズになったと感じています。

もちろんHTML5ならではの新しい遊びを提案できらコンテンツを提供します。僕らが力を入れるジャンルは大きく二つです。、

一つ目は、ある特定のソーシャルグラフに依存しない、ソーシャルグラフをまたがった人間関係「知り合い」を軸にしたアプリです。

さらに掘り下げると4種類想定しています。

  • (1) 知りあい同士がリアルをメインに一緒に遊ぶ。
  • (2) 知りあい同士がリアルでもネットでも一緒に遊ぶ
  • (3) 知り合いがリアルであうきっかけを作る
  • (4) 知り合い同士がコミュニケーションをするきっかけを作る

二つ目は、様々なプラットフォームにいるインフルエンサーソーシャルグラフをまたいでファンとエンゲージメントするアプリです。

あとは、具体的にどう準備していくか考えていかなくてはいけないですね。