やまだもとやすのブログ

チャリ走社長@スパイシーソフト→山田元康→HTML5スタートアップ社長@Liberapp

コーチング201812まとめ

2019にやりたいこと

副業・リモートワークでチームを作る

スタートアップだからといって、スーパースターを期待してしまうのではなく、人に期待しすぎないチームを作る

① 大事なポイントに仕事を絞る。構想を広げてあれやこれやと手を出すより、MUSTなピンポイントにフォーカスする。

② 歩みの多少の遅さにイラつかず、着実に前に進めていく。長期的に成果を積み上げていく。

③ そのためにスーパースター頼みではなくて、仕事を分解して整理して再現性のあるチームを作る

二つの脳みそを持つ

レンガをなぜ積むのか?なぜレンガを積んで家を作るのか? なぜ家を作って快適な生活を送りたいのか?

のような視座をあげる脳みそも大事だが

レンガを一日100個積むと決めたら毎日一年間コツコツと積み続けることと大事

自分は嗅覚と俊敏さ頼りのイノシシのような猪突猛進さがいいところではあるが、もう一つ牛のようにコツコツと歩み続ける力も大事にしたい

プロジェクトは四つまで&助走してからスタートする

時間やお金をかけることはたくさん増やさない。アクティブなプロジェクトは四つまでにする。

ただしいろいろやりたいことは、リアルやTwitterで発信し続ける助走をする

それで、仮説検証が煮詰まったり、ムーブメントが起きてきて、機が来たら初めてプロジェクトをスタートする。

開拓者&生涯プレイヤー

自分のタイプは「開拓者」ではないか? よく言われるのでそういうタイプだという自覚を持つ

あとは「生涯プレイヤー」型。イチローとか三浦カズさんに憧れるタイプ。だから人と勝ち負けを競う傾向があることに気をつけないといけない。

細かい勝ち負けにこだわるより、高い視座での勝ち負けにこだわる。負けをとって最後のホントの勝ちを狙う。

銀座の売れっ子ママになれ!

言い訳とかわけわからないとか感じても人の話を3分聞く

銀座の売れっ子ママになったつもりで人の話を聞く

我慢して聞くというよりも、相手のことを愚痴とか言い訳とかレッテル貼らず、相手にあるがままに興味を持って聞けるようになる

そもそも自分の要件を一方的に伝えるだけで、相手の話を聞いて、相手の立場や状況を理解しようとしないのは、自分が嫌いな搾取的・Take的ではないか?

話を聞いてあげることで、部下に活力を与え気持ちよく動けるようにしてあげよう

来年どうなっていたいか

完璧であろうとせず、できていること・できないことを、もっとあるがままを受け止める

遅刻すると相手に負けるのが嫌だから意地でも遅刻しないみたいな無理はやめて、多少バカにされてもいいから、リラックスして自分にも人にも望んで行く

すべてに人より上手くやろうとするのではなくて、ほんとうに自分が頑張るべきことだけ頑張る。あとはみんなに助けてもらいながらプロジェクトを進めていけるようになりたい。

コーチングそのもののふりかえり

正直、EOのフォーラムより断然コーチングの方がいいのではないかと思う。まる一時間、プロのコーチだからゲシュタルトがちゃんと守られながら深掘りして自分のことをしっかり振り返ることができる。

そうなると、EOのフォーラムの経験が活きてくる。

コーチングの前に、ちゃんと一ヶ月間の仕事・個人・家族の成し遂げたこと、壁にぶつかっていることを整理する。今日一番話したいことを一つあげる。

ここらへんを次回からちゃんとやりたい